ITC千葉ネットワーク

2019年度テーマ研究

2019年度は、以下の2つのチームが各テーマの研究を行いました。

[テーマ1]
■ 研究テーマ:働き方改革とコミュニケーションツール
■ 研究メンバー:高橋英己(代表メンバー)、江崎美季子、濱道祥史、宮崎守弘[敬称略、順不同]
■ 研究概要:中小企業の「働き方改革」をITCが支援するには、どのような支援ができるか、その為に調査すべき事・知識は何かを検討。検討は匠Method(※)を使った集合形式ワークショップ(2時間×4回)を実施。
■報告書
テーマ研究・調査活動成果報告書(ITCA提出様式)_2019年度_働き方改革とコミュニケーションツール.pdf
調査報告書_2019年度_働き方改革とコミュニケーションツール.pdf

[テーマ2]
■ 研究テーマ:IT活用と法律
■ 研究メンバー:白井貴子(代表メンバー)、松下正夫、結城健一、加野隆司[敬称略、順不同]
■ 研究概要:大企業を始め、中小企業においても、様々なシーンでITの活用機会が増加している。
その際には、各種法律(国内、国際法)に抵触する内容になっていないか、という観点で、各施策に取り組む必要性がある。また、他社との差別化のため、法律を積極的に有効活用するという局面も考えられる。しかしながら、特に中小企業においては、相談先も少なく、対応が十分でない可能性が高いと考えられる。
中小企業のIT利活用において、どのような場合に、どの様な観点で、法律を確認・適用したら良いかを研究する。過去事例や最新の法規制状況などを収集し、研究することで、ガイドラインや参照すべき内容を提示することを目的とする。
■報告書
テーマ研究・調査活動成果報告書(ITCA提出様式)_2019年度_IT活用と法律.pdf
テーマ研究報告書_2019年度__IT利活用と法律.pdf
【個別テーマ①】企業との契約形態
【個別テーマ②】クラウドサービス

 

ログイン

CAPTCHA